不動産実務検定で基礎を学んで下さい。

最低限の基礎知識は不動産実務検定で学んで下さい。

一般財団法人日本不動産コミュニティー北海道支部の支部長を塾長の原田がつとめています。

詳しくは(一財)日本不動産コミュニティー北海道支部HPをご覧ください。

 



北海道大家塾の塾生の皆様へ

 

 

北海道大家塾はもともとは、不動産実務検定で基本的な不動産の知識をしっかりと学んだ大家さん、もしくはそのレベルの知識をしっかりとお持ちの大家さんのための、知識のブラッシュアップのために開きましたが、最近では北海道大家塾が開かれた学びの場であるため多くの初心者の方にも参加して頂いています。

 

しかしながら不動産賃貸業の基本が分かっていないと、大怪我をしますし、話にもついて来れません。

 

 

是非不動産実務検定を学んで下さい。

認定講座の種類

資格のステップアップで、賃貸経営のプロとしての知識を段階的に学び、さらなる活躍の場を広げます。

資格を取得する方法には、認定講座に通い実務知識を確実に身につけながら取得する方法と、一般試験により取得する2通りの方法があります。

 

ここでは、各段階ごとに習得できる知識と、どのような場面でその知識を発揮できるようになるのか解説いたします。

 

認定講座の特典として、修了試験は5問免除となります。

 


不動産実務検定2級(旧大家検定2級)

賃貸管理運営(満室経営)に関する知識を習得する。(必須知識)

 

人口動態、需給 予測。

募集、契約、管理、トラブル対処に関する知識。

借地借家法の理解。

 

不動産実務検定2級を取得すると

 

日常的な賃貸経営で直面する課題に的確に対処できるようになります。

例えば空室対策、契約手続き、家賃滞納問題、敷金精算問題など。

 

 

 

【不動産実務検定2級学習項目】

第1回 総論

▼コンサルティング活動とコンプライアンス

1. 不動産実務検定と倫理

2. 不動産実務検定とは

3. 級別資格とマスター認定の違い

4. J-REC倫理規定

5. 関係業法の遵守社会経済の変化と今後の賃貸経営

▼社会経済の変化と今後の賃貸経営

1. 人口動態と需給予測

2. 入居対象者の多様化と需要予測

3. 景気と投資の関係

4. 時代と共に変化する賃貸経営

5. リスクとつきあう賃貸経営

 

第2回 ライフプランニングと不動産

▼不動産投資のメリットとデメリット

1. 投機と投資

2. キャピタルゲインとインカムゲイン

3. 不動産投資と金融商品の違い

4. 不動産のメリット

5. 不動産のデメリット

6. 不動産投資を成功させる4要素

▼ライフプランニングと不動産

1. ライフプランニングとは?

2. ライフプランニングのプロセス

 

第3回 不動産投資

▼不動産関連法規の理解

1. 区分所有法

2. 宅地建物取引業法

3. 都市計画法

4. 建築基準法

 

第4回 税務

▼不動産の税務に関する実務知識の習得

1. 減価償却の仕組みを理解する

2. 不動産投資に特有の数字のトリックを知る

3. デッドクロスの回避方法

4. 青色申告とそのメリット

5. 法人を活用した節税の手法他 

 

第5回 ファイナンス

▼不動産のファイナンスに関する実務知識の習得

1. 金融機関の種類と特徴

2. 融資の種類

3. 融資可能になる収益評価の条件

4. 融資可能になる2つの条件と条件に満たない場合の対処法

5. 元利均等返済方式と元金均等返済方式

6. 変動金利と固定金利

 

第6回 管理実務(満室1)

満室経営維持に必要な管理実務知識の習得(前半) 

1. 宅建業と管理業の違い

2. 管理委託と自主管理の違い、管理業務の内容

3. 賃貸条件の決め方

4. 入居者募集の基本と広告戦略

第7回 管理実務(満室2)

満室経営維持に必要な管理実務知識の習得(後半)

5. 早期満室にするための物件情報公開戦略

6. 早期満室にするためのクロージング戦略

7. 家賃アップの方法

8. テナントリテンションの追究

 

第8回 管理実務(契約)

▼賃貸借契約の種類と締結方法

1. 一般的な管理委託契約とサブリース原契約の理解

2. 賃貸借契約実務の流れ

3. 更新・再契約

4. オーナーチェンジ物件における従前の入居者との

  賃貸借契約の切り替え実務

5. 普通借家契約と定期借家契約

6. 契約解約・立退き実務に関する知識

7. 賃貸借契約に必要な関連法規の理解

 

第9回 管理実務(リスク)

▼賃貸経営に関わるリスクへの対処法

1. 家賃滞納の対処法

2. 滞納リスクの回避方法

3. 苦情処理、緊急事態への対応

4. 立退き実務に関する知識

5. 火災保険と地震保険

6. 入居者が加入する家財保険

7. 入居者にもしものことが発生した時の対処法

 

第10回 管理実務(リフォーム)

コンバージョン、リノベーション、リフォーム手法

1. 原状回復工事実務の基礎知識

2. 耐震診断及び耐震改修の促進に関する基礎知識

3. 地方自治体における耐震改修促進計画の策定と助成

4. 耐震補強診断・工事の流れ

5. 住宅等に係る耐震改修促進税制

 (所得税、固定資産税、法人税)

 

第11回 高齢者

▼入居者の多様化に伴う賃貸経営実務知識(前半)

1. 高齢入居者に関する実務知識 

 

第12回 外国人・シェア住居・民泊

▼入居者の多様化に伴う賃貸経営実務知識(後半)

2. 外国人入居に関する実務知識

3. シェア住居の運営方法

4. 民泊



不動産実務検定1級(旧大家検定1級)

賃貸物件の企画、購入に関する知識を習得する。(物件を購入するには必須知識)

土地活用、賃貸経営に関する事業収支計画の策定、不動産投資に関する知識、またこれに関連する建築基準法、民法、税務、ファイナンスの知識を習得する。

 

不動産実務検定1級を取得すると

 

賃貸経営の長期的な経営分析ができるようになり、将来直面する問題にいち早く的確に対処することができるようになります。

そのほか、各種法令や税務を熟知することで、土地活用に関する専門家と対等なコミュニケーションが成り立ち、目的をスムーズに達成できるようになります。

 

 

 

【不動産実務検定1級学習項目】

第1回 総論

▼コンサルティング活動とコンプライアンス

1. 不動産実務検定と倫理

2. 関係業法の遵守

3. 業態への理解

▼社会経済の変化と今後の賃貸経営

1. 人口動態と需給予測

2. 景気と投資の関係

3. 時代と共に変化する賃貸経営

4. リスクとつきあう不動産投資

▼ライフプランニングと不動産

1. ライフプランに応じた投資スタイルを導き出す方法

2. 資産背景別の投資スタイル

 

第2回 不動産投資のステップ、その他の知識

▼不動産投資に関する実務知識の習得

1. ライフプランを立てる

2. 取得方針の策定

3. 物件検索

4. 調査する

 

第3回 不動産投資のステップ、その他の知識

▼不動産投資に関する実務知識の習得

5. 事業収支計画を立てる

 

第4回 不動産購入の実務ステップ

▼不動産投資に関する実務知識の習得

6. 買付申込み

7. 契約の準備をする

8. 契約~物件の引渡し

 

第5回 不動産の調査

▼不動産の調査方法

1. 不動産の権利と種類

2. 不動産に関する調査の方法

3. 中古物件調査

 

第6回 不動産の調査

▼不動産の調査方法 

4. 土地の評価

5. 不動産の鑑定評価

6. 登記事項の調査方法

7. 登記簿以外の法務局資料の調査

8. 境界、私道、相隣関係

 

第7回 不動産関連法規

▼不動産関連法規の理解

1. 宅地建物取引業法

2. 国土利用計画法

3. 都市計画法

4. 建築基準法

5.その他の法令

 

第8回 借地取引き

▼借地取引きに関する基礎知識の習得

1. 借地権の基礎知識

2. 借地権における地主の権利と義務

3. 旧借地法と新借地法の借地関係

4. 定期借地権

5. 借地権の価格及び取引きに関する費用

 

第9回 競売

▼競売に関する実務知識の習得

1. 不動産競売とは?

2. 競売のメリット・デメリット

3. 競売情報の収集方法

4. 入札時の留意点

5. 開札及び落札後の手続き

6. 特別売却

7. 任意売却

8. 公売とは?

▼その他の知識

1. 不動産投資信託

 

第10回 税務と事業計画

▼不動産の税務

1. 不動産投資が節税に優れている理由

2. 減価償却の仕組みを理解する

3. 中古物件の耐用年数と減価償却の計算方法

4. 事業開始時に届ける書類とタイミング

▼事業収支計画と税務

1. 事業収支計画の基本

2. 事業収支計画の立て方

3. 事業収支計画書のチェック方法

4. 固定資産評価額と担保評価額を推測する方法

▼消費税と還付

1. 消費税と還付の基本的な仕組み

2. 消費税の重要用語

3. 消費税還付の落とし穴

4. 消費税還付の条件

5. 消費税の還付計算

6. 消費税還付を受けた場合の所得税と減価償却の取扱い

▼デッドクロス

1. デッドクロスとは

2. デッドクロス対策

3. 内部留保でデッドクロスに備える

4. 税金対策が必要になる本当の理由

 

第11回 ファイナンス

▼不動産のファイナンスに関する実務知識の習得

1. 不動産のファイナンスの知識がなぜ必要か?

2. 日本の金融機関が担保主義になる理由

3. 金融機関の種類と特徴

4. 融資の種類

5. 融資可能になる収益評価の条件

6. 金融機関別の担保評価と融資可能限度

7. 元利均等返済方式と元金均等返済方式

8. 変動金利と固定金利

9. 融資審査の仕組み

10. 融資の申込みに必要な書類

11. 銀行選びのポイント

12. ペイオフ対策の基礎知識

13. 自治体などの補助金を活用する方法

14. ノンリコースローン

 

第12回 建築・税務(別冊)

▼建築構造と建築材料に関する知識の習得

1. 建物の構造と概略

2. 木造(W造)

3. 鉄骨造(S造)

4. 鉄筋コンクリート造(RC造)

5. 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)



詳しくはこちら

一般財団法人日本不動産コミュニティー北海道支部の支部長を塾長の原田がつとめています。

詳しくは(一財)日本不動産コミュニティー北海道支部HPをご覧ください。