【大家さんのための物件写真撮影術】 賃貸物件写真撮影の基本の「き」


第41回北海道大家塾 2016年11月12日(土)

11月今年最後の北海道大家塾が取り上げるテーマは2つです。

  

第一部の清水さんはリクルート(現SUUMO)発行『住宅情報』の原稿制作を年間約200本行なっていた、物件写真撮影のプロです。

 

【大家さんのための物件写真撮影術】をテーマに豊富な事例を基にお話してくれます。

 

全国から物件写真撮影のオファーが絶えない超絶人気の方です。

そんな清水さんから写真撮影ノウハウを学び、ご自身の物件で是非実践してください。

 

第二部は、大家業にとって切っても切れない金融機関さんに登壇して頂く予定です。

 

金融機関さんは、社内規定が厳しいので当日まで誰が来られるのかは、秘密です。

 

 

是非、聞きに来てくださいね!

 

北海道大家塾 塾長

 

原田哲也

 

 


第一部講師のご紹介:清水 信宏 氏

 清水信宏(しみずのぶひろ)

 

株式会社 Noblue(ノーブルー)代表取締役

http://noblue.jp/

 

・賃貸空室対策最強ツールの提供

 写真 + 動画 + インテリアコーディネートをセットにした、【賃貸

 空室対策用インテリアパック】 を提供。全国を対象に年間 100 室

 を超える空室・新築物件の撮影で、満室化をお手伝い

 2016 年 9 月 13 日現在、434 室でサービスを実施

・住宅専門のカメラマン兼ライター

・J-REC 公認不動産コンサルタント

 

賃貸空室対策用インテリアパックとは?

 

賃貸住宅のオーナー様や管理会社様に向けた、最強の空室対策ツールをご提供します!!

 

◯ 家具のコーディネートにより物件の魅力を引き出した「目を引く写真」で、問い合わせ件数UP!

◯ 実物を見学したいと思わせる写真や動画で、内見件数UP!

◯ 近隣競合物件との差別化を図り、スムーズな現地案内と早期契約、空室解消を強力にサポート!

 

【写真撮影】

プロのカメラマンが物件の写真を撮影。

データは賃貸情報誌や物件検索サイト等への提供など、自由にご活用頂けます。

 

【動画撮影】

物件検索サイトへの提供やYouTubeへのアップロードなど、物件の魅力を伝え内見へとつなげる

動画を提供します。

 

【インテリアコーディネート】

「IKEA」や「Francfranc」等の人気家具を使用して、物件を見栄えのする空間にコーディネート

します。

 

 

【経歴】

・大学在籍中(文学部哲学科)不動産に興味を持ち宅地建物取引主任者取得

・三井ホーム入社。 注文住宅営業に約4年間携わる

・リクルート 発行『住宅情報』(現 SUUMO)の原稿制作/年間約 200 本

・平成 15 年 フリーランスのライターとして独立開業。 写真撮影業務開始

・平成 22 年 「インテリアレンタルサービス」の開始をきっかけに法人成り

・平成 25 年 東京進出【賃貸空室対策用インテリアパック】を本格始動

・『全国賃貸住宅新聞』 にてコラム『賃貸住宅写真塾 基本の「き」』連載中

 


第一部:

【大家さんのための物件写真撮影術】賃貸物件写真撮影の基本の「き」


不動産投資でなぜ写真の話?と思われる方もいるかもしれませんが

「所有物件の全てが常時満室でウハウハ状態の大家さん」

「空室があっても全く支障のない大家さん」ではない限り、空室を早期に効率的に埋めるために、何かしらの対策をされていらっしゃるはずです。

 

マイソクなどに掲載されている情報の要素は、大きく分けて「キャッチコピー」「文章・文字情報」「間取図」「写真」の4つになります。

「見学に行こう!」となるのはどんなマイソクか?

 

スバリ、決め手になるのは「メインビジュアル(写真)」です。

 

写真の良し悪しが、内見数・成約数・満室経営に大きく影響を与えます。

 

当社でも、物件ホームページ作成を行なっていますが『写真の良し悪し』がホームページの出来栄えに大きく関わり、内見数・成約数に大きく影響してきますので、写真撮影はプロの方に依頼しています。

 

それほど写真には、大きな意味があるのです。

こちらが、当社で作成しました『コモンセージ恵庭の公式ホームページ』です。

 

 

【何年も埋まらなかったアパートが、半年で満室に!】

 

もちろん、「写真」だけがこの効果を生み出したわけではありません。地道な営業活動やリフォームなど、大家さんが行動を起こしたからこその結果です。

ただ、「写真」がこの成功のきっかけの1つとなったことは、まぎれもない事実です!

 

今回の大家塾では

【物件写真撮影の基本の「き」 五か条】から【外観写真の取り方】

【いま話題の『RICHOシータでの撮影』】【ステージング&コーディネートの秘訣】まで

お話します。

 

 

賃貸物件写真撮影の基本の「き」

 

基本の「き」 五か条  

 

 一、とにかくまずは広く撮るべし
 二、目線はまっすぐ撮るべし
 三、視点を下げて撮るべし
 四、視線を通して撮るべし
 五、何を伝えたいのか考えて撮るべし

 

 

Before

After



実例写真の一部です。

もっと見たい方はコチラです。



 

特にこんな大家さんに聞いて欲しいです。

 

  • 所有物件が、なかなか満室にならない大家さん。
  • 物件情報サイトに写真を掲載されていない大家さん。
  • 物件情報サイトに見栄えの悪い写真を掲載されている大家さん。
  • 自身で、もっと綺麗な物件写真を撮影したい大家さん。

 

是非皆さん来てくださいね♪

 


第二部:金融機関さんPR及び商品説明


 

北海道大家塾では大家業にとって切っても切れない金融機関さんにご説明をお願いしました。

 

ある金融機関に登壇して頂く予定です。

 

金融機関さんは、社内規定が厳しいので当日まで誰が来られるのかは、秘密です。

 

以前の大家塾でも、金融機関さんにお話いただき多くの大家さんに好評でした。

 


日時と会場


日時 2016年11月12日(土)

    13:30-17:00(13:00受付)

 

※開始時間ギリギリは大変混雑が予想されます。

 少しお時間に余裕を持ってお越しくださいね。

 

○会場 北海道建設会館 9F 大会議室

   札幌市中央区北4条西3丁目1番地

 

○定員:60人

 

◯料金

  • 2,000円:J-REC会員
  • 2,000円:OV会員 
  • 3,500円:不動産実務検定受講生
  • 4,000円:一般                 

 

◯懇親会参加費用:4,000円(お近くの居酒屋で)