北海道大家塾メルマガ会員募集中 登録はこちら

 

北海道大家塾にご参加したい方は、

まず「北海道大家塾無料会員(メルマガ会員)」にお申込下さい。

開催が決まったら優先的にご案内します。


北海道の大家さんの勉強会&コミュニティー

北海道大家塾

北海道大家塾は北海道の大家さんの勉強会であり大家さん交流のコミュニティーです。無料会員登録で約1,000人を数え、2011年からすでに50回以上を開催する、北海道では有数のコミュニティーです。受講だけではなく交流もできるように懇親会も毎回開催しています。現在大家さんでも将来大家さんでもみんなで勉強しましょう。学んだことを実行し身に付ける場です。

 

お互いに高め合い、良きライバルになって下さい!


北海道大家塾の三大理念

  • 大家業は事業でありサービス業である。北海道大家塾は経営改善に取組み地域活性化を目指す意識の高い大家の集まりである。
  • 北海道大家塾は、自分だけが利益を得るのでなく、常に【オーナー・入居者・関係業者】の【Win-Win-Win】の関係作りができる大家の集まりである。
  • 北海道大家塾の塾生同士は良き先生・生徒である。お互いに刺激し成長し合える大家の集まりである。
開催終了

第54回北海道大家塾 2019年1月26日(土)

2019年1月の北海道大家塾は、南国沖縄のゲスト「宮城裕」さんをお迎えしての大家塾セミナーです。

宮城さんは「沖縄大家塾」を古くから立ち上げた沖縄オーナー界のカリスマです。

 

沖縄といえば、北海道でも大変人気がある事はみなさんもご存知のとおりです。

また全国で一番空室率が低い都市としても有名です。

沖縄は北海道民にとって憧れの南国。冬は沖縄に住みたいと将来の目標にしている方も多いですよね。

 

さて、そんな沖縄は、歴史的流れから金融機関の問題もあり、またハワイ等と同じ狭い島のために不動産物件も限られている事もあり利回りが相当低いので、なかなか不動産を購入するにはハードルが高いエリアの一つです。

 

そこで沖縄大家塾塾長の宮城さんをお迎えしてのセミナー【憧れの沖縄不動産投資 沖縄大家塾塾長が本音を語る! 「不動産バブル沖縄の現状!投資先としての現実」 】を開催します。

 

沖縄は不動産バブルとマスコミは騒いでいるが現実はどうなのか?

不動産投資としての将来性は? 【軍用地】という不動産取引があると聞くけど?沖縄の収益物件や分譲マンション、米軍用アパートなどの購入等の疑問・質問にお答えして、沖縄の現状を知った上でこれからの不動産投資に活かして頂ける内容をお話しして頂きます。

 

なまら楽しみです(笑)

 

 北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

大規模修繕セミナー 2018年12月8日(土)

有名ハウスメーカーで建てたにも関わらず、 10 年経ってみるとあちらこちらが傷んできている。

あんなにコストを掛けたのに・・・

 

「タイル張りが豪華ですよ!」

その言葉で8階建ての賃貸マンションを総タイル貼りにしたのに、今では外壁に白化現象が出現して・・・

エレベーターも部品交換費用が大幅に掛かりそうで頭が痛い・・・

 

修繕する お金なんか貯まってない・・・

新しいと思っていた平成初期に建てられた賃貸マンションは、 すでに 30 年を迎えようとしています。

昭和から 比べて建築設計技術は上がっているものの、建築施工現場はやはり 人の手で作られます。

当時の設計上の未熟な点と施工不良が、年数が経つと顕在化してきます。

そしてどんな建物でも大規模修繕を行う必要があるのです。

 

 

※こちらのセミナーは終了しています。

 

詳しくは、こちらを御覧ください

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第53回北海道大家塾 2018年11月17日(土)

11月の北海道大家塾のテーマは、ズバリ【融資】です。

その【融資】のお話をしていただくのが、元地銀融資担当の海野真也 氏です。

 

海野さんは、かつて日本で一番融資審査が厳しいと言われた静岡銀行(静銀=渋銀)にあって、アパートローン担当審査役から「当行の中でも5本の指に入るほど厳しい融資担当者」と言われた人物です。

当時若輩行員ながら銀行本部の役員達にも臆することなく物申す「はみ出し銀行員」だったそうです。

 

その現場叩き上げの融資担当だった海野さんより、アパートローン融資の基礎から稟議書大公開まで幅広く、銀行での融資審査実務や銀行員の「頭の中身」まで、余すことなく分かりやすく、ガッツリ約3時間もの長時間に渡りお話ししていただきます。

 

融資が厳しくなったと言われる現在、今回の大家塾であなたは金融機関の「融資」を深く理解することが出来、しっかりとした融資案件を持ち込むことができるようになるでしょう。

 

資料を事前に見せていただきましたが、その内容、クオリティーは絶対に他では聞けないような内容です。

 

11月開催の北海道大家塾も、期待して下さい!

 

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第52回北海道大家塾 2018年9月22日(土)

 9月の北海道大家塾のメインは、富山市内を中心に新築アパートや新築戸建て等15棟69室を所有する、波乗りニーノさんこと西野浩樹さんにご登壇頂きます。

 

『楽しい新築不動産投資』『合法的に国家から搾取する方法』『雇われない生き方』と3部に分けてお話してくださいます。

 

サラリーマン時代から超優秀&人格者で人望MAXの西野さんは、若くして労働組合の書記長にまでなりました。通常サラリーマンが労働組合の書記長になるという事は、かなりの確率で将来の幹部候補となる人物です。

 

そのサラリーマン生活をリタイヤし、伝えたい事があって全国で活発に講演活動を行っています。

 

メインテーマは「不動産と人生」

その中で「新築木造で圧倒的な差別化物件を建てる戦略・価値をいかに提供するのか」や「社会保険や税金」のお話、「メンターや雇い主について」など、たっぷり約3時間を取りました!ご期待ください!!

 

更に追加コーナーで㈱西田コーポレーションの森住翔吾さんがマルチファンクションライトについてお話しして下さいます。

 

マルチファンクションライトとは、IoT機能を持った今までにない照明器具です。

 

スマホを利用し様々な機器を操作することも出来ますので、入居者様の住環境向上の一手として期待されます。

 

9月開催の北海道大家塾も、是非来て下さいね!

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

大規模修繕セミナー 2018年8月18日(土)

有名ハウスメーカーで建てたにも関わらず、 10 年経ってみるとあちらこちらが傷んできている。

あんなにコストを掛けたのに・・・

 

「タイル張りが豪華ですよ!」

その言葉で8階建ての賃貸マンションを総タイル貼りにしたのに、今では外壁に白化現象が出現して・・・

エレベーターも部品交換費用が大幅に掛かりそうで頭が痛い・・・

 

修繕する お金なんか貯まってない・・・

新しいと思っていた平成初期に建てられた賃貸マンションは、 すでに 30 年を迎えようとしています。

昭和から 比べて建築設計技術は上がっているものの、建築施工現場はやはり 人の手で作られます。

当時の設計上の未熟な点と施工不良が、年数が経つと顕在化してきます。

そしてどんな建物でも大規模修繕を行う必要があるのです。

 

先着10名様のみの特別セミナーです。

ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

 

※こちらのセミナーは終了しています。

 

詳しくは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第51回北海道大家塾 2018年7月28日(土)

 

7月の北海道大家塾は静岡からゲストをお呼びします!

 

第一部の講師は「静岡アパマンの寺子屋」主宰の松永直樹さんです。

松永さんは、難しい事を分かりやすく、面白く伝える事で定評があり、

東京の賃貸住宅フェアでの、ミニセミナーは非常に人気があります。

 

数値分析を苦手とする大家さんが多くいらっしゃいますが、

経営者として数値分析は絶対に避けて通ることは出来ません。

大家さんだけではなく、これから大家さんを目指す方にも適した内容です!

 

第二部は、J-REC北海道支部道央SGの北野圭二さんにお話しして頂きます。

北野さんは現在行政書士として活躍しています。

 

今までの数々の経験や会社経営の経験を生かし、実践に役立つ業務を心がけ、

各種許認可申請をはじめ成年後見制度利用、相続などに多く取り組んでいます。

今回は「大家さんの賢い行政書士活用法」と題してお話ししていただきます。

 

7月開催の北海道大家塾も、是非来て下さいね!

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第50回北海道大家塾 2018年5月26日(土)

 

第一部では、全国賃貸住宅新聞社編集長 永井ゆかりさんに【人口減・賃貸住宅供給過剰 どんどん厳しくなる賃貸経営の環境でも入居率安定、家賃アップ、付加価値アップなどで成功している大家さんとは?】をテーマに、お話して頂きます。

全国で空室が増えている一方、相続対策や不動産投資ブームにより、新築も増えており、年々賃貸経営が難しくなっています。そんな中、満室経営もしくは貸し方の工夫で満室賃料同等、それ以上の収入を上げているオーナーもいます。今回は全国津々浦々を取材する全国賃貸住宅新聞社の永井ゆかりさんがさまざまな事例を紹介して下さいます。

 

第二部では北海道大家塾塾長 私 原田哲也が【大家塾50回のあゆみと総括 大家塾で学んだこと】をテーマにお話しします。

北海道大家塾も立ち上げてから、はや8年となり、ようやく節目となる50回を迎えることができました。

最初は本当に少人数しか集まらなかったこの会も、今では多くの大家さんに来て頂き、

その中で「知識とビジョン」を共有できる多くのオーナーと知り合うことができました。

 

この北海道大家塾があったからこそ「出会えた縁」があると、ある大家さんに言われましたが、

「学びと交流」のコミュニティーをやってきて良かったと本当に思った瞬間です。

 

50回の総括ですが大変学びのある内容にしたいと思います。 

5月開催の北海道大家塾も、是非来て下さいね!

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第49回北海道大家塾 2018年3月24日(土)

第一部ではハプティック株式会社小倉社長が【AD、仲介会社に頼らない募集戦略 全国でグッドルームを展開しての事例の紹介】のテーマで登壇頂きます。ハプティックという言葉は「触れ心地」という意味です。

手掛けたリフォーム物件【TOMOS】を見学させてもらいましたが、無垢フローリングは触れ心地が良く、スイッチ類等も素材にこだわりを持っている事が見て取れました。

壁・天井は白を基調としながら、単調にもならないようにアクセントクロスや塗装も施され、シンプルさの中に、見惚れるカッコ良さがあるお部屋です。まさに「どこにもない、ふつう」のコンセプトの通り。

さらに独自不動産メディア「グッドルーム」を、東京、大阪、名古屋、福岡に展開し、なんとこの【TOMOS】には、入居希望社のウエイティングリストがあるほどです。

ADに頼り客付けを行うモデルではなく、物件の魅力度を上げる施策を行うことが重要であり、札幌の実例などを含めながらお話いただきます。

 

第二部ではエー・エス・ブレインズ廣吉社長に【賃貸住宅と高齢者の見守り機器「An・pi 君」】をテーマに、安否見守り機器の開発を手がけるようになったきっかけから、世の中の見守り装置の比較、安否見守り機器「 An・pi 君」の特徴などを「 An・pi 君」の導入実績を含めながらお話いただきます。

既に社会問題の「孤独死」。超高齢化社会に向かっている日本では、アパートオーナーにとっては、もはや大きなリスクです。弊社が所有しているアパートも高齢者入居のリスクヘッジのために、携帯電話会社の見守り機器を取り付けています。しかし、携帯電話会社の製品サイクルは早く、長期で使うことを考えると、故障や修理に対応できずに不安なのです。

そんな事を考えながら見に行った昨年の全国賃貸住宅フェアーの会場で廣吉社長に出会いました。そして直ぐに大家塾をオファーして今回来ていただいた運びです。今後の高齢社会の賃貸経営を考えると、必須の知識となることでしょう。

 

3月開催の北海道大家塾も、是非来て下さいね!

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

北海道大家塾 特別セミナー 2018年2月17日(土)

昨今、全国的に外壁の劣化に伴う事故が続いております。

 

記憶に新しいものでは札幌市中央区の飲食店の外壁から看板が落ちた事故例。

昨年では賃貸マンションの庇の崩落の事故が発生しております。

またTV報道はされていませんが、中央区で賃貸マンションのベランダ・タイルの落下事故なども発生しております。

 

このような事故を聞くと、「ある物件」をお持ちのオーナーは、ご自分の物件がいつそうなるのか不安になると思います。

その「ある物件」とは、「鉄骨造+ALC+タイル張り賃貸マンション」です。

 

今回の勉強会に参加すれば、この「鉄骨造+ALCタイル張り賃貸マンション」の悩みである「雨漏れ」「結露」「タイル落下」を解決できる方法を知ることができます。

 

そしてこの方法で修繕を実行すると、タイルが落下するかも・・・という不安から一切開放されます。

そしてしっかりと修繕した物件として売却も可能になります。

 

また、札幌に鉄骨雨漏れ物件が何故こんなにあるのかがわかり、今後二度とこのような物件を買うことが無いようになります。

 

是非聞きに来てください。

 

先着10名様のみの特別セミナーです。

ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

※こちらのセミナーは終了しています。

 

詳しくは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

北海道大家塾 特別セミナー 2018年2月4日(日)

リクルート住まいカンパニーさんからのご依頼で

北海道大家塾開催の「SUUMO賃貸経営サポート特別セミナー&サービス利用意向調査」を開催します。

 

第一部の特別セミナーでは、

SUUMOビックデータから北海道を中心としたマーケットの概況の解説や

立地や築年など条件の悪い物件の物件力を高めるコツを事例を交えて紹介します。

 

第二部の利用意向調査では、

詳しい事はここではあまり書けないのですが、賃貸オーナーが入居者募集活動を効率的かつスピーディに行うために、オーナーに特化した新サービス開発をリクルートさんが進めています。

 

そこで試作品として用意した具体的なサービスイメージを実際に見て、

操作していただきながら、賃貸オーナーの皆様の利用意向調査を行います。

 

今回は参加費無料で勉強して頂くかわりに、真剣にアンケートに記載して頂く事が条件となります。

また参加は、現在不動産オーナーである方に限らせて頂きます。

その代わり当調査にご協力いただいた賃貸オーナー様には、謝礼もご用意しているそうです。

 

今後世の中の流れが圧倒的スピードで変わろうとしています。

AI・VR・AR・IOT・スマートキー等など様々なキーワードがあります。

 

そのような中で最新のサービスを試作品とはいえ手に取り感じることができる事は

とても貴重な機会だと思います。

 

賃貸繁忙期ということもありご多用とは存じますが、是非ご参加をおすすめします。

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



開催終了

第48回北海道大家塾 2018年1月20日(土)

 

第一部では川村さんが【シェアハウス、コワーキングオフィスから忍者まで! 更に民泊合法化で大家はどうする!? 】をテーマに、2018年に合法化される「民泊」について既存クライアントや新規検討者から質問が寄せられ、試行錯誤する中でベストな考え方が見えて参りました。また最近メディアで話題の「忍者修行」や「カラオケレンタカー」などもお話いただきます。

 

第二部では城ヶ崎さんが【ノルフィーノの誕生と成功までの道のり】をテーマに、norfinoの誕生、入居者・オーナーに愛される秘訣、今後の活動予定などをお話いただきます。

 

今年3月に「民泊新法」が閣議決定され、また注目度が高まっている「民泊」。営業日数上限180日、宿泊日数・利用要件など色々な条件があるなかで「今後大家さんはどうするべきか?」をお聴き逃し無く!

STVのどさんこワイドにも取り上げられる人気の「norfino」。建物もですが、お部屋のステージングも素晴らしいです!機会があれば内覧会に参加させてもらう事をオススメします。

 

2018年最初の北海道大家塾です。

是非聞きに来て下さいね!

※こちらのセミナーは終了しています。

 

開催レポは、こちらを御覧ください

 

北海道大家塾 塾長

原田哲也



過去の北海道大家塾 開催レポート

第53回 北海道大家塾『アパートローン融資の基礎知識と稟議書大公開』

続きを読む 0 コメント

第52回 北海道大家塾『不動産とワクワクな人生』 『空室対策としてのマルチファンクションライトの活用』

続きを読む 0 コメント

第51回 北海道大家塾『デキる大家になる為の不動産経営の投資分析講座』 『大家さんの賢い行政書士活用法』

続きを読む 0 コメント

第50回 北海道大家塾『人口減・空き家増加でもへっちゃら 満室家主の経営術』『北海道大家塾50回の歩み そこから学んだこと』

続きを読む

第49回北海道大家塾『AD、仲介会社に頼らない募集戦略 全国でグッドルームを展開しての事例の紹介』『賃貸住宅と高齢者の見守り機器「An・pi 君」』

続きを読む 0 コメント