AD、仲介会社に頼らない募集戦略 全国でグッドルームを展開しての事例の紹介』
賃貸住宅と高齢者の見守り機器「An・pi 君」


第49回北海道大家塾 2018年 3月 24日(土)

 

第一部ではハプティック株式会社小倉社長が【AD、仲介会社に頼らない募集戦略 全国でグッドルームを展開しての事例の紹介】のテーマで登壇頂きます。ハプティックという言葉は「触れ心地」という意味です。

手掛けたリフォーム物件【TOMOS】を見学させてもらいましたが、無垢フローリングは触れ心地が良く、スイッチ類等も素材にこだわりを持っている事が見て取れました。

壁・天井は白を基調としながら、単調にもならないようにアクセントクロスや塗装も施され、シンプルさの中に、見惚れるカッコ良さがあるお部屋です。まさに「どこにもない、ふつう」のコンセプトの通り。

さらに独自不動産メディア「グッドルーム」を、東京、大阪、名古屋、福岡に展開し、なんとこの【TOMOS】には、入居希望社のウエイティングリストがあるほどです。

ADに頼り客付けを行うモデルではなく、物件の魅力度を上げる施策を行うことが重要であり、札幌の実例などを含めながらお話いただきます。

 

第二部ではエー・エス・ブレインズ廣吉社長に【賃貸住宅と高齢者の見守り機器「An・pi 君」】をテーマに、安否見守り機器の開発を手がけるようになったきっかけから、世の中の見守り装置の比較、安否見守り機器「 An・pi 君」の特徴などを「 An・pi 君」の導入実績を含めながらお話いただきます。

既に社会問題の「孤独死」。超高齢化社会に向かっている日本では、アパートオーナーにとっては、もはや大きなリスクです。弊社が所有しているアパートも高齢者入居のリスクヘッジのために、携帯電話会社の見守り機器を取り付けています。しかし、携帯電話会社の製品サイクルは早く、長期で使うことを考えると、故障や修理に対応できずに不安なのです。

そんな事を考えながら見に行った昨年の全国賃貸住宅フェアーの会場で廣吉社長に出会いました。そして直ぐに大家塾をオファーして今回来ていただいた運びです。今後の高齢社会の賃貸経営を考えると、必須の知識となることでしょう。

 

3月開催の北海道大家塾も、是非来て下さいね!

北海道大家塾 塾長

 

原田哲也


講師のご紹介:小倉 弘之 氏


小倉 弘之おぐら ひろゆき

 

東京大学経済学部卒業。

建築への想いから竹中工務店に入社。

住宅 / オフィス/商業施設の企画、収益モデル構築、地権者対応等を実施。

その後、ボストンコンサルティンググループにて、大手企業の新規サービス立ち上げ小売店舗改革、経営計画策定支援等を実施。

 

2009年12月日本の住宅の質向上を目指し、ハプティック株式会社設立。

起業前に自分が住んでいる賃貸物件を改修したいと思い、何社かで見積もりを取った時に、同じ内容なのに70万円だったり、200万円だったりと、金額がバラバラ。しかも、その内訳が分かりづらいので、結局、自分で床に無垢材を張ったり、壁を塗装したりした。

その後。自分が5万3000円で借りていた部屋に、改修後は7万円で賃借人が付いた事がきっかけでこれはビジネスとしていけると思い設立。そして、相見積もりの経験から、内容も価格も分かりやすい、リノベーションプランのパッケージ化を行った。

 

ハプティック株式会社/グッドルーム株式会社 代表取締役

https://www.haptic.co.jp/

https://www.goodrooms.jp/

 


講師のご紹介:廣吉 秀俊 氏


廣吉 秀俊ひろよし ひでとし

 

1966 年学習院大学理学部卒業後、

東北大学金属材料研究所の助手になり、仙台に赴任しました。

磁気測定や磁石の研究を 20 年ほど楽しみました。

論文を書いて工学博士の称号を頂きました。

その後セイコー電子部品(株)に転職し、

ここでも時計用の磁石の開発やら製造を 12 年ほど経験しました。

2000 年に全くひょんなことから

現在の会社 株式会社エー・エス・ブレインズを 4 名で設立しました。

センサーの応用製品の開発製造販売の会社です。

現在は、1.ホームセキュリティ製品、2.一人住まいの安否見守り機器3.自動通報装置と遠隔コントローラの 3 種類の製品を主としております。

今回は、弊社で開発した「一人住まい高齢者の安否見守り機器」をご紹介致します。

 

株式会社エー・エス・ブレインズ 代表取締役

http://www.asbrains.co.jp/index.htm


第一部:『AD、仲介会社に頼らない募集

戦略全国でグッドルームを展開しての事例の紹介


第一部では、小倉社長にADに頼り客付けを行うモデルではなく、物件の魅力度を上げる施策を行うことの重要性について、札幌の実例などを含めながらお話いただきます。

 

◆ハプティックとは

「どこにもない、ふつう」を目指したリフォームを行っています。

入居者獲得に対する高い競争力を持ちながらも、時間の経過とともに廃れないシンプルなデザインのリフォームです。無垢フローリングを活用することで、入居者の居心地を重視した空間作りを行います。無駄のないデザインは、コストパフォーマンスの良いお部屋をつくります。

このリフォームをブランド化し、<TOMOS>と呼んでいます。

 

無垢のフローリング

無垢フローリング、タイル、コルクタイル等素材にこだわり触れ心地の良い素材を利用いたします。 経年変化を味わえる素材で、傷はつきますが、やすり掛け等で補修も可能です。

 

シンプルな壁・天井、ときどきアクセント

質感に優れた塗装、クロスを現場の状況に応じて使い分けを致します。飽きることがない白を基調としながら、単調にもならないように、アクセントクロスや塗装を施します。無垢のフローリングと同調するよう、アクセントになる壁も素材感のある仕様を心がけています。

 

女性に嬉しいオリジナルキッチン

水栓器具、シンク等細かい所にいたるまで通常の賃貸にはないパーツを使用しています。さらさらとした手触りの材料を選択し、基調となる白色に木目を加えて柔らかいデザインとしています。ハプティックだけの完全オリジナルキッチンです。

 

シンプルな小物たち

スイッチプレート、取っ手、コート掛け等、小物の工夫だけでも空間はずいぶん変わるものです。全体の統一感を保ちながらも、優れたデザインのパーツを使用致します。

 

入居者目線のライティングレール

入居者がつくるインテリアは、千差万別。机やベッドの位置によって、必要な照明器具の位置は異なります。ハプティックでは、入居者目線でライティングレールを設置しています。

 





第二部:賃貸住宅と高齢者の見守り機器「An・pi 君」


第二部では、廣吉さんに賃貸住宅と高齢者の見守り機器についてAn・pi 君の導入実績も含めながら詳しくお話いただきます。

  • 安否見守り機器の開発を手がけるきっかけは7年前の展示会で大家さんの一言から始まった。
  • 世の中の見守り装置の比較。
  • 見守り装置に何が求められているか。 業界業種によって求める見守り内容が違う。
  • 安否見守り機器「An・pi 君」は、大家さん向けです。大家さんの厳しいご要望に応えてきた。An・pi 君の“見守り方”をアニメで紹介。
  • 大家さんの「An・pi 君」導入のメリット・デメリット。
  • 新サービス「An・pi 君サービス」とは? ・導入実績。

超高齢社会の中では、徐々に入居者も高齢化していきます。高齢入居者による孤独死のリスクヘッジを真剣に考慮する良い機会ではないでしょうか?

 

 


 

※北海道大家塾のキャンセル連絡について →こちらへ 

4日前にこちらのお問合せフォームからご連絡を頂ければ、

大家塾参加費と懇親会費のキャンセル料は発生致しません。宜しくお願い致します。

  


日時と会場


●日 時:2018年3月24日(土) 13:30-17:00

●受 付:13:00

 

●会 場:北農健保会館 3階 大会議室

札幌市中央区北4条西7丁目1番4

●定 員:先着70名

●参加費:北海道大家塾有料会員  (OV会員):2,000円

     J-REC一般会員     (支部会員):2,000円
     J-REC資格会員&一般会員(本部会員):3,000円
     北海道大家塾無料会員  ( 一 般 ):4,000円

※北海道大家塾有料会員とはオーナーズビジョンのコンサルティング会員様です。 

※北海道大家塾有料会員の会員種別で最優遇価格での参加人数が決まっております。

 私は何会員??という方は、こちらをご覧下さいね!

●懇親会:5,000円(予定)

※開催前日の懇親会キャンセルには、キャンセル料が発生します。